返済を制してキャッシングを制しよう

キャッシング審査考察
http://www.edufoi.org/

キャッシングを行う時にほとんど人が利息を気にします。
確かに、利息が高い場合はお金を借りた時に返す金額が増えてしまいますから間違ってはいません。

ですが、キャッシングの負担を減らすには利息にばかり注目しているだけでは効果的に減額させる事はできません。返済方法について着目する点も重要なのです。

お金の融資条件や利息などは、消費者金融業界はどの会社も横並びとなっているのが特徴です。企業ごとに小数点以下のわずかな金利差があるだけで、少額であればどの消費者金融を利用したところで大差ないのが実情です。

ですが、返済方法は会社によって大きく異なります。来店対応しか付けつけない企業もあれば、来店は受け付けず備え付けのATMのみで受け付けるお店もあります。

また、返済日においても同じ事が言え、複数の日にちの中から返済日を選択させてくれる会社から、特定の日にちにしか返済を受け付けないお店もあります。

もしお給料前の日が返済日であれば、常に預金残高を意識して生活しなければならずとても不便なのです。

当然、万が一滞納してしまっては損害金がかかってしまいますし、連絡が来る事もあります。あまり長時間滞納すると信用情報に登録されてしまうなどの危険すらあるのです。

したがって、お金を借りる時は返済日や返済方法まで確認した上で借入を行う事が大切です。

返済を送れないことにより枠が大きく。

今までにキャッシングを利用してきましたが、一度、強制解約になったことがあります。
その時は返済が遅れ、カード会社から返済の連絡がありましたが、それを無視し続け、返済もせず、それを3回ほど続けました。

カード会社から連絡があり、強制解約をすると。完全に新規の借り入れはできなくなり、返済のみの契約へと。
その後、なんとか返済をすることができましたが、、完全にブラックになりました。

その後、数年はキャッシングを利用できないばかりか、カードも作ることができませんでした。カード会社に何度申し込んでも否決。そんなに厳しいのか思いましたが、それが数年続きました。

そして、数年経った時、なんとかカードを作ることができキャッシング枠は10万円ほどだったと思います。今度は絶対、返済をきちんとするぞと自分に言い聞かせ、利用した際はきちんと返済日に返済をしていきました。

すると、はじめての経験でしたが、枠を大きくするとの連絡が。

ハガキできたと思うのですが、1年後に10円から30万円に。これはうれしかったです。

その後、年々利用していくとゴールドカードへの案内。キャッシング枠も100万円に。今もきちんと返済をしていますが、きちんと返済を続けると自動できに枠は大きくなっていきます。